厨房機器の買取は実績のある専門業者に任せよう

コック
  1. ホーム
  2. プラスチックゴミも売れる

プラスチックゴミも売れる

地球と植物

売るためには

プラスチックゴミは廃プラとも呼ばれます。一般的に家庭や事業所などから排出される廃プラは、少量であれば可燃ごみとして焼却処分されていますが、分別されることによって買取ってもらうことができます。ただし、廃プラ買取では厳密な選別が必要で、また一定の数量である必要があります。買取の標準的な数量は、3000kg以上ですので、家庭向けというよりは事業所向けのサービスになります。樹脂の種類としてはポリエチレン(PE)、ポリスチレン(PS)、ポリプロピレン(PP)などが一般家庭で使われておりそのほかにも、アクリル樹脂(PMMA)、塩化ビニル樹脂(PVC)、ポリカーボネート樹脂(PC)などが買取可能な廃プラとして存在します。特に買取単価が高いのが、リサイクル率の高いポリエチレンやポリスチレン、ポリプロピレン、ポリカーボネートなどです。もっとも価値があるのは高密度ポリエチレン(HDPE)です。一方で環境変化によって劣化が激しいものはリサイクル率が低いので買取価格も低めになりがちです。廃プラを買取ってもらうためには、分別することが重要です。他のものが混合している場合には価格も下がってしまいます。このため廃プラ買取を利用する際には分別のシステムを作ることが重要になります。家庭から排出されるものでわかりやすいのがペットボトルで、ペットボトルであれば家庭から排出されるゴミの中でも廃プラ買取を利用しやすいといったメリットがあります。